地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター

先輩からのメッセージ

当院で研修をしている先輩や研修を修了した先輩から、岡山市立市民病院での初期臨床研修の魅力について、本音でお話しいただきました。

みんなで高めあえる研修

寺尾 俊紀(初期研修医2年目)

みなさん、初めまして。初期研修医2年目の寺尾俊紀です。
当院は北長瀬駅直結で、雨にぬれずに岡山駅やイオンモールにいけるという最高の立地を兼ね備えています。病院も2015年に新しく建て直され、全国でもかなり新しいほうの病院と生まれ変わりました。
そんなハードがしっかりしている病院ではやはりソフトの方、どれだけ学び多い研修が受けられるかが気になると思いますが、上司の先生方や先輩研修医が楽しく教えてくださいます。もちろん失敗したら修正されることは多々ありますが、「やってみたら?」と後押ししてくださることが多く、自分で考えて治療や診療を行うことができます。周りの研修医とも仲良く話し合いができ、最高の研修が行えます。
誰にとっても充実した研修を行えます!ので、みなさんぜひ!一緒に楽しみましょう!

初期臨床研修を通じて

田野口 梨奈(初期研修医2年目)

「とにかく素敵な上級医の先生がたくさん!」というのがこの病院の1番の魅力であり、特徴であると思います。
わからないことだらけ、不安でいっぱいで始まった研修医生活ですが、研修医思いで、やさしく(時に厳しく)、しっかり指導してくださり、いつも相談に乗ってくださる先生方がたくさんいらっしゃることが、本当に励みになっています。
どの科で研修していても、治療方針や素朴な疑問など気になることがあればすぐに相談でき、研修中でない科の先生もいつも気にかけてくださり、機会があればどんどん手技をさせてくださるなど、とても充実した研修ができていると思います。
救急当直では、すべて患者さんの初期対応ができるので、非常に勉強になりますし、たくさんの症例を経験できます。辛いときもありますが、飲み会など楽しいときはとことん楽しむ、非常にメリハリのある雰囲気が大好きです。
みなさんも是非、一緒に頑張りましょう!

やる気に応える研修 ~初期臨床研修を通じて

古林 佳恵(後期研修医/平成27年卒)

私は初期研修最初の半年間で内科を中心にローテートし、各科に共通した考え方や知識、技能、さらには各科に特徴的な検査等も身につけることが出来ました。内科と外科の関わりも深く、合同のカンファレンスも多くあります。週に1度の当直でははじめに研修医が診察でき、とても充実した研修生活を送ることが出来ています。
当院の特徴としては、どの科の先生も非常に優しくしっかり指導して下さる点、そして研修で所属している科と違う先生にも気兼ねなく相談できる点がいいところだと思います。また、やる気があれば手技もたくさん経験できますし、患者さんの治療方針にもどんどん関わっていける病院です。
みなさん是非、当院で一緒に実り多き研修をしましょう!
[イメージ]

ちょうどいい研修 ~初期臨床研修を終えて

本多 寛之(糖尿病内科医員/平成22年卒)

平成22年に卒業して初期臨床研修を終えて、内科での後期研修を行い、2015年からはスタッフとして診療をしています。
思い返してみると、私が市民病院で研修をしようと決めたのは、学生実習で市民病院に来たときに見た研修医の先生達の姿に憧れたからでした。研修医の先生達が、最前線で診療に当たり、検査や治療方針を考えたりしながら、とても活き活きと働いている姿がとても印象的でした。自分もここで研修をしたい、こうなりたいと思い市民病院を選びました。
実際に研修をしてみると、自分の希望や頑張りで、満足できるちょうどいい研修を行うことができ、今につなげることができたように思います。
是非、皆さんも自分の思い描く将来に向けて、自分にとってちょうどいい研修を行うため、市民病院で一緒に働きましょう。
[イメージ]