地方独立行政法人 岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院

第45回 岡山市立市民病院病診連携研修会(3S会)を開催しました。

市民病院と地域医療機関の第45回合同研修会が、平成30年10月10日に行われました。
合計88人(院外からは40人)の方にご参加いただき、大盛会となりました。ご参加いただいた先生方、医療従事者の皆様、本当にありがとうございました。
今後も1年に3回を目安に研修会をおこなっていく予定です。是非、ご参加下さい。

第45回研修会は、以下の内容で行われました。
 

  総合司会 辻 光明
    山本 和彦
     
開会の挨拶 病診連携研修会 会長 松本 健五
     
テーマ:「平成30年7月 豪雨災害における地域医療および岡山市の取り組み
題 目    
1. 「豪雨災害におけるプライマリーケア医の役割
  片岡内科医院 院長 片岡 廉
2. 「7月豪雨災害における当院の活動報告
  岡山市立市民病院 救急外来主任看護師 赤堀 貴政
3. 「平成30年7月豪雨対応と災害時の保健医療救護に関する岡山市の対応
  岡山市保健所 所長 松岡 宏明
     
閉会の挨拶 病診連携研修会 幹事 片岡 廉

一覧へ戻る